マンション

就活時にマンスリーマンションを東京で利用しました

私は学生時代、就職活動の時にマンスリーマンションを利用させていただきました。大学が北関東にあったのですが、やはり東京での就職口が多かったために東京を中心に就職活動をすることにしたためです。
当初はビジネスホテルの利用も検討していたのですが、長期間の連泊となると大学生の私では支払い切れない金額になることが判明。すぐに断念をしました。
そして色々と確認した結果、マンスリーマンションであればある程度の支出を抑えられることが分かり、そちらを利用させてもらうことになったのです。
マンスリーマンションの利点は、やはりトータルコストの安さにあると思います。都内であれば公共交通機関が発達しているため、多少中心部から離れていても不便さは感じません。それでいてビジネスホテルを利用するよりもコストを抑えられますので、実際に大学の友人も何人か利用していました。食事も自炊が出来るので、実家から米を送ってもらって生活をしていました。近隣にスーパーマーケットもありましたので、生活する分には全く問題は無かったですね。
私は3ヶ月間滞在しましたが、本当に便利でした。普通のアパートであれば3ヶ月間の入居なんて認められませんからね。
地方から上京して就活をされる方にはおすすめですよ。

マンスリーマンションが注目される理由


マンスリーマンションが利用者にとってありがたいのは、何といっても家具や家電製品など生活に必要な備品が揃っているということです。短い期間しか住む予定がないのに、家具や家電製品を用意したりそれらを引越しで運ぶのはかなりの労力を要します。しかし、マンスリーマンションであればそれらがしっかりと整っていますので、とても身軽な状態で住むことができるのです。
また、そこまで設備が整っているにもかかわらず、長く住めば住むほど安くなる料金設定も魅力的です。1か月未満で退去するとなるとそれなりの料金になってしまうのですが、それ以上住むとなるとその料金はどんどん安くなっていきます。そうすると普通の賃貸マンションと比べて設備が揃っている分だけ得をするということも十分あり得ます。これは地方から都会へとりあえず様子見で上京したいと考えている人など、短期滞在予定者にとってかなりありがたいシステムです。マンスリーマンションですから住環境については申し分がないですし、それでいてかかる費用がおさえられているのですからそこがかなりのセールスポイントになっているのは間違いありません。
こうした特徴がマンスリーマンションにはあるので、短期滞在予定者からは注目を集めるサービスだといえます。

マンスリーマンションで身軽にお得に快適生活


マンスリーマンションというと、ちょっと長めの出張や旅行での利用が一般的ですよね。でも使いようによっては、普通の賃貸住宅と同じ「居住用」としても十分快適でお得に使えるんです。マンスリーマンションは、一般の賃貸住宅より賃料は高めに設定してあります。ですが、1か月以上滞在する場合、長期滞在割引で賃料がグッと安くなるところが多いようです。また、光熱費が賃料に含まれているところが多いので、特に2か月目以降は普通の賃貸住宅での家賃+光熱費とほぼ変わらないくらいの金額になるところもあります。
さらに契約時に保証人を立てる必要はありませんし、マンスリーマンションの一番のポイントである「家具家電全部付き」というメリットを考えると、気に入った部屋を見つけたら、ほぼ手ぶらでいきなり快適な生活がスタートできてしまうのです。
引っ越しにかかる労力は大幅に軽減されますね。ただし注意点がひとつあります。賃料は契約時に一括払いのところが多いので、滞在期間分の賃料だけは前もって用意しておきましょう。出張や旅行だけでなく、数か月~半年くらいのスパンで身軽にいろんな地域で暮らしてみたいという方にとっては、マンスリーマンションという選択肢も大いにアリでしょう。

仕事の関係などで新宿に一定期間のみ滞在するという方にはマンスリーマンション新宿がおすすめではないかと思います。新宿は人気のエリアでなかなか物件が見つからないですが、マンスリーマンションならお得な費用で新宿に住むことができるのです。